Loading

BLOG

1県1品のブランドイチゴ戦争時代。

高級百貨店の青果売り場に並ぶのは、さちのか、とちおとめ、あまおう、2012年より販売開始した栃木県のスカイベリーの4種。
 他に売れ筋ブランドとして、静岡県「章姫(あきひめ)、熊本県「ひのしずく」、群馬県「やよいひめ」、徳島県「ももいちご」、宮城県「もういっこ」がある。 

 

 

上位7県で全国のイチゴ生産量6割を占める。
80年代には35品種だったイチゴが、品種改良が進み220を超える品種が登録。

各県がブランドの「目玉」に力を入れる11品のイチゴ戦争時代に突入。

 

 

 

佐賀県 タカラトミー「リカちゃん」とのタイアップ 「さかほのCar」で関西地区を中心に話題となるPRキャンペーン展開。

 

 

 

 

 

 

 

関連WORKS:ちば・いちご産地活性化事業

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! して下さい。

Twitter で

日本人の海産物消費の現状

「社会の無関心を打破する」を聴講して

関連記事

  1. 日本人の海産物消費の現状

    2017.12.11
PAGE TOP