Loading

PHILOSOPHY

わたしたちが描くこの国の未来のかたち。

日本という国は、本当に面白い国だと思います。 
これほどいろいろな人が、いろいろなことを一生懸命やって過ごしてきた国は他にはないのではないでしようか。
「人はどう行動すれば美しいか?」 「人はどう行動すれば公益のためになるか?」
この二つが幕末人を、そして明治維新を創りだし近代日本を築いてきました。 
幕末期に完成した、公の意識が横溢(おういつ)しすぎ痛々しいほどに純粋だった武士という人間像は、
日本人が生みだした多少奇形であるにしても、
その結晶の見事さにおいて人間の芸術品とまでいえるように思えます。

武士道と日本人の魂とモラルの再建。

日本社会は武士道を土台に、その義務"公の意識"を育んできました。 
残念ながら、戦後の日本は必ずしもそれが十分であったとは言えません。 
戦後復興から始まり、日本は「経済優先」の道を歩んできました。
しかし、それに伴い「公の意識」はしだいに希薄となり、
社会システムに多くの弊害が生じはじめ、
豊かさの追求のはずが、心を貧しくさせていたりと、
新たな課題をわたしたちに投げ掛けています。

孟子「何必曰利」"何ぞ必ずしも利と曰はん"。

"仁義"は道理上なすべきもので、"利益"は、なした仕事の功利で、
"道理"を主とすれば"利益"は自然とついてくるものであり、
逆に"利益"を主とすると、"道理"を失う結果になるという教えです。 
※「仁」他人を温かく思いやること 「義」正しい行いを率先して行うこと。
吉田松陰は、"仁義"より目先の"利益"を追い求める当時の幕府の外交のあり方を、
この古典と重ねて講義したそうです。
「今、わたしたちは"仁義"より"利益"を優先してはいないでしょうか?」

ヒト・・・キャリア教育、ニート問題、後継者問題。モノ・・・文化財保護、伝統文化継承。マチ・・・地域消滅、小子高齢社会、人口減少。 社会・・・格差社会、待機児童、 障がい者支援、ホームレス支援、非正規雇用、未婚化、介護、自殺、高齢者孤立化、生活習慣病。 安全・・・自然破壊、ヒートアイランド、ゴミ問題、生物多様性、CO2排出、資源の枯渇、防災・減災、ネットセキュリティ。 食・・・食の安全、食品廃棄、農業、干ばつ、飢餓。これらワードは現在進行形で社会が抱える課題の一例です。

わたしたちが馳せるこの国の未来のかたち。

日本から世界に向け"草莽崛起"。

日本は現在、解決しなければならない多種多様な社会課題を抱えています。 これら社会課題が企業・地域の課題にも大きく影を落としてもいます。 また、これらは先進国共通の課題でもあると同時に、新興国にとってもいずれ直面するものばかりです。 かつて新渡戸稲造が「武士道」に記した日本人の精神的基盤「義・勇・仁・礼・誠・名誉・忠義」からなる道徳心は世界中で賞賛されました。 グローバル化が進む中、日本は益々世界に対し、いろいろなアクションを起こしたり、リアクションを受けたりすることになります。 いまこそわたしたち日本人は、武士の精神を持ち直し、さらに豊かな倫理に磨き上げ、日本人の姿勢やあり方が世界に対して手本となり、より良い社会づくりのリーダシップを発揮していくべきではないでしょうか。  

新たな"Relation"が未来を創る。

「ヒトとヒト」・「企業とヒト」・「地域とヒト」との新たな関係と関わり方によって、多くの課題は解決に向かうとわたしたちは考えます。 わたしたちは事業を通して、日本人の精神基盤"アイデンティティ"を見つめ直し、再度磨き上げ、互いの新たな関係と関わり方を築き、社会・企業・地域の課題解決に向けたデザインに取り入れていくことで、日本人が古来より育んできた文化・伝統を次世代へと繋げ、元気な日本の未来を創り、持続可能な社会システムモデルを世界に向けて発信していきたいと考えます。
"We are just a RONIN " PR Lab Inc. CEO:小泉 竜夫

CEO/Producer Tatsuo Koizumi

1964年 神奈川県生まれ。
1989年 総合広告代理店 株式会社エイエイピー入社。
営業部門にて観光レジャーマーケットを中心に
広報・販売促進業務に従事。
2015年 同社企画部門に配属。
ソーシャルデザインを中心にプロデュース及び
プランニング業務に従事。
企業・地域が抱える課題と、そこに内在する社会課題を共に捉え、企業・地域の課題解決が社会課題解決へと繋がるデザイン創造により、日本を元気にすべく想いから、
2017年10月 総合広告代理店 株式会社 ピーアールラボ 設立。

PAGE TOP