Loading

人世横丁 BLOG

商売に定年はありません

 伊集院光が火付け役となったリコッタチーズパンケーキで有名な高倉町珈琲の会長横川竟氏の講演を聴講した。
 言わずと知れた、元すかいらーくグループ代表取締役会長兼最高経営責任者。
 退任後、2013年75歳で高倉町珈琲を起業。
 現在81歳の氏の商売への情熱に、52歳起業の私は多くの元気をもらった。



 講演備忘録

「商売」は価値づくり・・お客様の役に立つ 売れて・喜ばれて・儲かる
・立地産業・・同じモノを売るのでは、資産、人材力で負ける。 別のモノを売れば立地は関係ない。
・情報を資産に。(モノからソフトへ)
・困っていることを商品化。(喜ばれて感謝される)
・客数を増やす-1日1人減ると2人増やす。

起業は人生の一つの選択 うまくいかなかったら?
・これからをどう生きるか
・人間の質で売る
・知恵と仲間と

いつも新鮮・いつも親切 商売の原点
・心の生き方


22歳の時、すかいらーくでアルバイトをしていた。
ファミリーレストランの全盛期で、連日夜中まで忙しかった記憶がある。
当時、氏の講演を聴講したことがある。 
今回32年ぶりに又、氏の経営学を聴講するとは改めて氏に脱帽。
※すかいらーくって2009年に全店消滅してたんですね。 知らなかった。。。
あ~ぁ私の青春の思い出が、またひとつ消えていたとは・・・・

心理学から読み解く防災行動

関連記事

  1. 心理学から読み解く防災行動

    2019.10.04
PAGE TOP